●テーブルでのお会計にご協力下さいませ●

今、お店では首都圏のようなコロナ感染拡大を想定した対策に取り組んでいます。まず光触媒のコーティングを壁や床、天井や手すりなどほとんどの場所に施しまして抗菌し、さらに空気を次亜塩素酸で洗ってくれる空気清浄機ジアイーノという専用の機器を2台導入しています。あとはアルコールによる拭き上げ、さらにスタッフはHACCPによる体調管理を行っています。空気感染や接触感染におきましては現状としては高い対策ができています。また新たな取り組みとしましてお手洗いや店内で過ごす際のマスクを無償でご提供させて頂いておりますのでスタッフにお申し付けください。あとは使用したマスクの抗菌の保管できる便利な使い捨ての入れ物があります。そちらもあわせて無償でご提供しておりますのでご利用して頂ければと思います。いずれは遅かれ早かれ市内にも出てくるとも思ってますので、市内でも感染者が増えたことを想定した営業展開にしてワンランク上げて対応していきたいと思っています。今、現状としては他の席などからの感染、接触感染、空気感染に関しましては高い対策が出来ています。しかしながらグループ内にもしいればグループ内で飛沫感染します。こうゆう時期ですので、まずは仲良しとかよりも普段から共に活動している身近な人とのみの飲食を推奨します。例え友達、家族であっても離れた場所など共に行動をしていない人とは居酒屋さんなどのような比較的密になりやすい室内は今はまだ控える必要があるとは思います。ぼくたちにはなかなか防げないのが現実です。使い分けもいいと思います。御殿場館さんなんかもこの時期金〜日かな?ビアガーデンしてたりしますので屋外もいいと思います。行く人に寄って使い分けもありじゃないでしょうか。あとはお手洗いはマスク必要です。いろんな人が使う密室です。消毒は1時間毎にはしてますがリスクはあると思います。またお会計場所が密になりやすく飛沫リスクも高く感染リスクも1番高いです。スタッフさんへの飛沫も大変リスクが高いです。なのでテーブルでのお会計で回避できることなのでご協力頂ければ助かります。ぼくらの業界には紳士の心、そして小心者の心というものがあります。商いや食中毒に対しての考えが主なんですが大丈夫だろうではいつか事故が起きてしまうから、常に大丈夫かな?と自分を疑い怖がり心配しながら、物事を慎重に行うという教えです。そして紳士である、それは自分以上に人に優しく気を使うことや後ろ指をさされるような行動をしないことです。首都圏、首都圏とか県外とかよりも意識改革していく必要も感じます。いま、御殿場小山地区は月と木の13時〜15時で1日最大8名までのPCR検査だったと思います。医師からの診断、予約もなきゃいけなかったと思います。延長もあるかもしれませんが7月末までの内容で以降はまだ告知なしだと思います。現状ですね。そろそろいるのかなと言うつもりで意識も変えてけたらと思ってます。やっぱり首都圏基準で対策もすすめなきゃと思ってます。