雨でも傘。。

開店した時ってそんなに上手くいかなくって晴れてる時はみんな近づいてきたり傘を貸してくれるのに、いざ雨が降ったら誰も近づかなくなって傘もかしてくれないような事があったりして突然人が変わった態度になったり豹変する人とかいたりして人って怖いなっていやな経験があったんですが、今回のコロナ禍で飲食店全体に言えますがダメージ負い休業させられたり苦しい状況に、まさに雨降る状況にいたんですが、駿河湾あかりも8年。たくさんの支援をしてくれようと企業さんに従業員全員のお弁当を頼まれたり、敷地内でお弁当販売を声かけてくれたりたくさんの支援の声をかけてもらえてすごくうれしかったです。こうゆうのが店とぼくら、お客さんの信頼や信用、絆を築けた結果なんだろなってひろみさんとしみじみ感謝だねって話してました。いいお客さんをもつことの幸せというか、頑張ってお店やってきて少し、なにかが実ったんだよねって、だからこそこれからもみなさんに信用され信頼され愛される店でいたいなってすごく思ったし感謝を普段もしてますが更に感じました!ありがとうございます^_^正しい道に進めているのかなっとも感じました!ビルの件でもゴタゴタしてて誰も近づかなくなっちゃうか心配もしてましたがずーっとほぼ満席続きとありがたいです!たくさんの心配や応援に励まされてばかりですいません!ビルが使えなくなる可能性もあったのでスタッフ増員をしてなかったのでみなさまにはバタバタ続きで本当に迷惑をお掛けしてしまって申し訳ない気持ちばかりではいますが体制を整えたり新しいお店の計画もしております。そして僕ら自身もまた、もし身近な人に雨が降っても、協力もするし自分がされていやだったようなことはしないでいたいとも思ってます。ビーワンビルや御殿場市は、ぼくは2011年にお店を失って行き場も失って、たまたま拾ってくれた街でひろみさんの実家もあって、ぼく自身、恩があり借りがあります。店を出せたのもこの街だったからで、声かけてくれたのはビーワンビルです。なので不動産屋さんもとおさず諸経費もほとんどなく契約もしてもらえましたし、感謝こそあり他はなんとも思ってないし気にしてないですね。たくさんの信用も社会的な信用も実績も作れたし資金も貯めれましたし感謝しかないですね。ぼくはどっちかといえば順風な人生というより失敗ばかりで何回も打ちのめされては7回転んでもまた8回立ち上がればいいさと思ってますしもっとたくさんの修羅場も突き抜けてきた雑草のような魂をもってますし、ひろみさんもぼくもけっこうタフだし、いい意味でどうにでもなるさって楽観的な性格でもいますので(笑)新たな挑戦をしようと前向きに捉えてますし構想は膨らんでワクワクもしてます。心配しないでください^_^逃げない負けない諦めない、そんな信念ももってます。ぼくらは内に秘める方なのであまり見せないだけですよ(^◇^;)また話が進んだら報告しますし恩も借りもうけたままじゃカッコ悪いですからね!挽回しますよ。必ず。